HASHIMOTO
CHITAKA

橋本

蒔絵と螺鈿(らでん)の細工が織りなす玉虫色の小宇宙。
漆工にまつわるあらゆる素材と技術の探求で、手のひら上に美が具現化される。

《薔薇螺鈿箱》

2020 個人蔵

《花蝶螺鈿蒔絵箱》

2018 個人蔵

《螺鈿“鸚鵡”》

2018 個人蔵

橋本千毅

略歴
1972東京都生まれ
1995筑波大学芸術専門学群構成専攻卒業
2000東京国立文化財研究所にて漆芸品の修復に携わる(〜2001)
2001高岡短期大学産業造形学科助手(〜2005)
2005富山大学芸術文化学部助手(〜2006)
2007作家活動を開始
橋本千毅